自信のもてる肌のため

Be SkinCare

30代のスキンケア基礎知識

30代からのスキンケアにお勧めの方法は?知っておきたいお肌のこと

投稿日:

見た目はまだまだ若さがいっぱいで肌もきれいな30代ですが、見た目以上に気にしてほしいのが肌の老化です。

 

 

25歳をこえたらお肌の曲がり角と言われていますが、実は20歳を過ぎたら肌は徐々に衰え始めてきています。

 

30代になるとすぐにお手入れをしないと老化に立ち向かえなくなる時がすぐに来てしまいます。

30代からのスキンケアはエイジングケアを意識して行うことがポイントです。

 

30代に入ったら保湿はしっかりと!

30代になったら、特に意識してほしいスキンケアが保湿です。

 

肌は乾燥すると生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが乱れてきます。

 

肌の生まれ変わりが遅くなってしまったり、はやくなって未熟な細胞と入れ替わったりするようになってしまうので、保湿をしっかりとすることは基本です。

 

夏の暑い時期などには化粧水をつけただけで乳液やクリームなどを省略してしまうという人も!

30代になったら化粧水の後には乳液などをしっかりとつけて水分の蒸発を防ぐようにすることも保湿の方法のひとつです。

 

肌のバリア機能は低下していく

 

乾燥しがちで、肌が荒れたり、かゆみや赤みが出やすいという人は肌がもともと持っているバリア機能が低下している可能性があります。

 

バリア機能が低下すると、肌表面の角質層が薄くなったり、はがれたりしやすくなります。

 

さらに乾燥してしまう傾向があり、水や温度差、化粧品などの刺激にも弱くなるのです。

 

バリア機能が失われて乾燥が続いてしまうとしみやしわなどの原因にもなります。

 

保湿をしっかりとすることが必要です。

 

水分を与えるだけでなく、水分をため込む性質があるセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など保湿成分が入っている化粧水や乳液、美容液などを取り入れるようにしてください。

 

もう一つ大事なのは紫外線対策

 

30歳を過ぎても肌がきれいな人は、保湿ケアをしっかりと行っていることが多いのですが、もう一つポイントになるのが紫外線対策です。

 

肌の老化は、紫外線による影響によって生じることが多いため、早いうちから紫外線対策をすることがきれいな肌をキープするために大切な方法のひとつです。

 

しっかり日焼け止めを塗ること!

日焼け止めを塗ることはもちろんですが、日焼け止めを朝だけではなく、2~3時間ごとに塗りなおしたり、紫外線防止効果があるパウダーでメイク直しをしたりすることがおすすめです。

 

また、日常的に帽子や日傘を使って紫外線をできるだけ直接浴びないなどをこまめに、継続して行っている人がきれいな肌をキープしています。

 

 

30代からのスキンケア保湿と紫外線対策は必須!

 

30代からのスキンケアで重要なことは、保湿と紫外線対策です。

 

さらにプラスして意識するなら、毎日のメイク落としと洗顔、スキンケアの時に肌をこすらないようにすることをおすすめします。

 

肌はとても刺激に弱く、毎日のスキンケアの刺激が積み重なるとしみやしわ、たるみの原因になることがあります。

 

基本的なことではありますが、つい力を入れてしまう人や意識していない人が多いので、肌をこすらないようにクレンジングや洗顔をすること。

 

タオルで水分を吸い取るときにはこすらずに肌にあてるようにすること、コットンの刺激を避けて手のひらでやさしく化粧水を押し込むことを心がけましょう。

 

30代からのスキンケアに必要なものはどんな成分?

 

 

 

20代までは肌の潤いやハリなどを維持するための新陳代謝が活発で、血管の柔軟性も保たれています。

末端の皮膚細胞まで十分な栄養素なども供給されているので、特に成分や肌質などを十分考えることもなく化粧品を選んでいても特に問題にはなりません。

 

しかし思春期から20代なでの時期を過ぎると、次第に細胞の活性も曲がり角を向かえ、個人差はあるものの肌のターンオーバーなども停滞が見られるようになります。

 

大人にきびやほうれい線・たるみなども早い人では30代から見られるようになることも。

 

体内で作られる美肌成分がそろそろ不足がちになる年代に差し掛かってくるので30代に入ってからはスキンケアにも十分注意する必要がでてきます。

 

理想を言えばこれらのトラブルが酷くなる前に予防できればケアもずっと簡単で面倒な手間も減らすことができます。

 

そこで今回は効果的な対策を実践するための注目するべき成分や注意点・方法などを御紹介します。

 

30代からのスキンケアに欠かせない成分とは?

正しいスキンケアをするためには、正確な肌の知識を身につけることも大事です。

 

まず「皮膚組織」というとき、正しくは3層から構成されていることをイメージすることがポイントになります。

 

まずは皮膚の組織を知る

 

一番外側にあたる「表皮」は角質が広がっていて、常に古い角質にかわって新しい角質が生み出されることで、柔軟性やしっとりした保湿などが維持されています。

 

いわば角質は世代交代を続けながら、一定レベルの軟らかく必要な水分を含んだ状態を維持しているわけです。

 

その下に広がるのが真皮層、お住まいに例えれば骨格や基礎構造にあたる部分で、肌のハリを維持する上で重要な役割をになっています。

 

そして最下層には毛細血管や神経組織などの皮下組織が広がっています。

スキンケアで注目するべきなのは角質層からなる表皮と各種のたんぱく質で構成される真皮層です。

 

30代からのお肌の敵とは?

 

そして肌の大敵は乾燥と新陳代謝の低下にあります。

 

乾燥することできめ細かく並んでいる角質同士のキメも乱れてささくれ立ち、古い角質と新しいものとの交代も円滑にすすまず、結果的に乾燥肌や大人ニキビなどの原因になります。

 

そこで水分補給を化粧水などで実践する必要はあるわけですが、細胞同士の水分を保持しつなぎとめているのは「セラミド」と言う水分とたんぱく質が混和したような成分です。

 

30代からのスキンケアに必須の成分

 

30代からのスキンケアにはセラミドなどを配合していることが一つのポイントになります。

 

ところで肌のハリが維持されたるみなどを予防できるのは真皮層に分布するコラーゲンやヒアルロンさんなどのたんぱく質。

 

しかしこれらの物質は浸透性に乏しいので、それらの生成を促すビタミンC]誘導体やレチノールなどが配合されているものを選びましょう。

 

30代からのスキンケアで避けるべき成分

逆に避けるべき成分もあります。

 

化粧品では保管性を高める為にアルコール類が含まれていることがあります。

 

肌への刺激が強く揮発性が高いことから肌の水分を奪う作用を持っています。

 

これは乾燥肌にも逆効果なのでイソプロオイルアルコールなどのアルコール系の添加物を含むものは使用を控えるべきです。

 

これらの注意点をふまえて、30代のお肌をきれいに保つたの意識を絶やさないようにしましょう。

-30代のスキンケア基礎知識
-,

Copyright© Be SkinCare , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.