自信のもてる肌のため

Be SkinCare

30代のスキンケア基礎知識

スキンケアで朝と夜にやってはいけないこと 肌荒れの原因になることも

更新日:

30代からのスキンケアは大切で、いつまでも若々しくみずみずしい肌でいるためには不可欠です。

やり方を間違うと却って肌の老化を進めたり肌荒れになったりすることがあります。

朝と夜のスキンケアについて

まずは朝と夜にやっていい事と、やってはいけないことを紹介します。

これを知っておくだけでも無駄に肌を荒れさせることは無くなりますのでおすすめです。

 

朝のスキンケアについて

例えば朝の洗顔ですが、水で洗っているだけという方も居る様です。

朝は時間に余裕がないことや、睡眠だけで”特に汚れていない”ということで

水だけで洗顔を済ませるのは肌のために良くありません。

 

 

 

寝ているだけといっても、睡眠時には汗もかくし、前の晩につけた化粧水やクリームなども残っていて肌は汚れた状態です。

朝は毛穴の油汚れを落とすクレンジングということを意識した洗顔を行うのが良いんです。

それでも夜のようには汚れていないので、必要以上に肌の油脂を洗い流さないような洗浄力の強い洗顔料で洗わないようにします。

 

さらに朝は日中のためのケアも必要になるので、日焼け止め対策や乾燥から肌を守る保湿対策はきちんとしておく必要があります。

夜のスキンケアは?

夜は日中のダメージで傷んだ肌を修復し美肌を作るためのケアが必要で、潤い成分や栄養成分をしっかり補給してあげることが重要です。

日中していた化粧類や日焼け止めクリーム、汗、汚れなどを落とすために夜はクレンジングと洗顔をしますが、両方することで肌は乾燥してしまうため夜はたっぷり保湿をするようにします。

 

少しでも乾燥をしている状態を長引かせないことが重要で、洗顔後はすぐにでも保湿をすることが大切です。

そして栄養成分が入った美容液を使うことも欠かせてはいけないのです。

スキンケアの順番も朝と夜では異なってきます。

 

朝はクレンジングを意識した洗顔のあと化粧水をつけて乳液やクリームで保湿成分を閉じ込めた後、日焼け止めをつけます。

一方、夜はクレンジング都洗顔をした後化粧水をつけ、そのあとすぐに乳液やクリームをつけるのではなく、美容液をつけておるおい成分と美容成分のどちらも閉じ込めるように乳液やクリームをつけていきます。

美容液は夜につけて肌の修復をするということです。

 

夜寝る前にもう一度スキンケアを

スキンケアをしてから寝るまでに時間があると就寝中には肌の乾燥が始まります。

寝る前に再度コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなど保湿成分が豊富に含まれる化粧水や美容液をつけるようにすると効果が高まります。

パックも有効ですが、シートパックは長時間すれば逆効果になってしまいます。

長時間パックをすることによってせっかく肌に浸透した美容成分や水分がシートに逆戻りしてしまい、却って肌を乾燥させてしまうので、決められた時間を守るようにします。

 

洗顔で熱いお湯は使わない

また顔を洗うときに熱いお湯は使わないようにします。

熱いお湯は肌表面の皮脂を洗い流してしまいます。

顔だけでなく体全体にも言えることですが、40度以上のお湯に長時間浸かっていると肌全体の皮脂が奪われて乾燥した肌になります。

洗顔でも高温の湯で洗うことで必要な皮脂まで奪われてしまいます。

水は冷たいので肌が引き締まりますが、いきなり冷たい水で洗うと血行を悪くしてしまうことになるので、洗顔にはぬるま湯を使うようにします。

 

今までの常識にとらわれないスキンケアを!

年齢をとわず肌のために良いとされている方法を色々実践している方は多いはずです。

ところが皮膚科学についての研究は毎日進歩を続けています。

従来のケアの方法のあり方に再検討を迫るような新たな発見やがされることもあり、これまでの常識を見直すべき必要に迫られることも珍しくありません。

美肌を目指すために実践していたケアが、実はダメージの原因になっていたり、時には逆効果になっていることも。

スキンケアを実践しているつもり、肌トラブルを招き寄せるような事態をさけるために、これまで正しいとされていたスキンケアの嘘や、本当に正しいケアの方法を検討してみましょう。

クレンジングの常識

まず「メイクはクレンジングでしっかり落とすべき」、クレンジングでメイクをサッパリきれいに除去するのは当たり前のように思えますが実は違います。

クレンジングでメイクの7割程度を落とせれば十分です。メイクを確実に除去するためにクレンジングには強力な界面活性剤が含まれているので、あまり浸透させすぎると肌に負担をかけることになります。

使用するにしても、ジェル状やクリームタイプが肌への刺激が少なくてすみます。

 

30代からのスキンケアの嘘と本当を暴露!

 

皮脂は落とした方が良い?

「皮脂を落としすぎると乾燥肌になるので、皮脂はある程度残すべき」、この点は心がけている方も多いのではないでしょうか。

 

実が結論は逆で皮脂はしっかり落としたほうがスキンケアには有益です。

肌の潤いを保持するために必要なのは細胞に水分を閉じ込めるセラミドです。

つまり肌を感想から防ぐのは皮脂ではなくセラミドの働きによるものです。

皮脂を残すと空気で酸化してしまい逆に肌に負担を与えることになります。

本当の保湿方法とは

洗顔後はつっぱるけれど、保湿ケアを行うと落ち着く、くらいが理想的な洗顔法です。

「肌の大敵はとにかく乾燥、忙しくても化粧水で保湿するべき」、この考え方も広く行き渡ったっているものです。

乾燥肌には水分を補給するために化粧水をたっぷり塗るのは合理的とも考えられます。

いわば干からびたプランターにじょうろでたっぷり散水するイメージです。

ところが化粧水のほとんど90%以上は水分で構成されています。

どれだけ大量に化粧水を塗布したところで、水分は空気中に蒸発するのは当然の経過です。

蒸発時には角質細胞の表層に影響を与えてむしろカサカサした状態になるリスクが高くなります。

肌に潤いを与えるのは、先ほど御紹介したセラミドなど保水性を維持する物質になります。

いたずらに化粧水を塗るよりも、セラミドをはじめとした細胞間保水物質を増やすことを心がけてアイテム選びをすることが重要です。

 

保湿後のケアは?

「保湿ケアを行ったら、乳液やクリームで仕上げて潤い成分は閉じ込めるべき」

化粧水を塗った跡に保湿成分を蒸発させないために油脂分の多いクリームや乳液でスキンケアを仕上げるというの広く知られています。

この考え方も間違いがあり、正しいスキンケアは角質のバリア機能を損なわないようにセラミドを保護しターンオーバーを正常に導くというものです。

わざわざ余計な油分を補給する必要はありません。

むしろ過剰な皮脂で蓋をされてしまうと古い角質などがそのまま止まり、毛穴詰まりなどの肌トラブルにつながります。

 

このようなスキンケアの嘘や本当のことを見分けて、正しいスキンケアをすることが30代から肌荒れを防いできれいな肌を保つために必要になってきます。

-30代のスキンケア基礎知識
-, , ,

Copyright© Be SkinCare , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.