自信のもてる肌のため

Be SkinCare

30代のスキンケア基礎知識

絶対やってはいけないスキンケア!肌荒れとたるみを防ぐ方法

投稿日:

女性は特に毎日スキンケアをすると思いますが、絶対にやってはいけない方法があります。

 

これをやったら肌が荒れる可能性もあるので極力避けてください。

これから紹介するのは、肌荒れを防ぐためにやってはいけないことと、肌のたるみを防ぐ方法です。

丁寧にクレンジングはやってはいけない?

まずは丁寧にクレンジングをしたほうが良いと良く聞きますがこれは嘘です。

 

本当は1分ぐらいの短い時間で済ませるほうが肌にとってもいいです。

濃いメイクやしっかりとメイクをしている人は特に気を付けて欲しいのですが、ファンデーションなどが肌に残っていると荒れるのですごく丁寧にクレンジングをする人は多いです。

ですが、肌には元々油分が含まれています。

その油分まで取ってしまうのは、必要な皮脂まで洗い流してしまうことになるので、かえって肌荒れの原因になります。

 

クレンジングの種類は出来ればクリームやミルクタイプを使うのが望ましいです。

オイルやリキッドタイプは刺激が強いですがクリームやミルクは刺激が弱いのでおすすめです。

そしてこれも良くやりがちなのですが目の付近には、ポイントメイクリムーバーを使いますよね。

 

たくさんやったほうが落ちやすいし綺麗になると色々な所で書いてありますがこれは嘘です。

 

スキンケアをやる中でもこれは肌へのダメージが強くて荒れる原因になってしまいます。

特に目の辺りは他の部分に比べて皮膚が薄いので要注意です。

シミやくすみが出来る可能性もあるので頻繁にポイントクリームバーを使わないようにしましょう。

乳液やクリームもウソ?

それと乳液やクリームを保湿のためにたっぷり付けるといいと効果があると聞きますがこれも嘘です。

 

本当はたっぷりつけすぎるのは肌荒れの原因になりますし肌の老化にも繋がります。

保湿効果が乳液などにはありますが、つけすぎると毛穴にクリームが詰まってしまう場合があります。

なので適度な量を使うのが正しいスキンケアの方法です。

 

正しいスキンケアとは?

このように絶対にやってはいけないスキンケアの方法があります。

 

これらを避けるためにおすすめのスキンケアの順序ですが、まずは洗いすぎを避けて洗顔をした後に保湿をしましょう。

乳液やクリームなどを肌に含ませていきます。ただしこの時に付けすぎには注意して下さい。

程々の量を手に取って顔全体に馴染ませていきます。

時間は掛け過ぎないようにしつつも、肌に水分が行き渡るように軽く押さえ気味でクリームなどを付けていきます。

 

夜にメイクを落とすためにクレンジングをする時はメイクに合ったクレンジングを使うようにしましょう。

クレンジングは必要な油分を落としてしまう可能性があると言いました。

メイクの濃さは人それぞれで、濃さに合ったものを選ばないと肌に負担が掛かってしまい荒れる原因になります。

 

付ける際もゴシゴシと強く擦りすぎないように丁寧にするように意識してください。

目安としては皮膚が引っ張られていると感じたらそれはダメな方法です。

皮膚を引っ張らないように優しく行うことが結果的に肌を綺麗にする方法にもなります。

万が一クレンジングでメイクが落としきれなかったとしてもその後でやる洗顔で落とすことが出来るので大丈夫です。

 

30代からのお肌をたるませないためには?

年齢を重ねると肌が変化し、30代になるとたるみが出てきます。

 

加齢や紫外線によるダメージ、乾燥や生活習慣の乱れが原因と考えて間違いありません。

 

肌のハリや弾力は

肌のはりや弾力は、エラスチンやコラーゲン等によって作られています。

 

線維芽細胞により生み出されたエラスチンやコラーゲンが網状に組み合わさり、その間にヒアルロン酸等の成分が存在することにより、皮膚に弾力性が生まれます。

 

年齢を重ねると、線維芽細胞の産生力が低下し減少して肌の伸縮性が鈍くなり、はりや弾力が失われ、たるみの原因になると考えて間違いありません。

 

紫外線は大敵!

また、紫外線により活性酸素が体内でつくり出され、線維芽細胞にダメージを与えます。

エラスチンやコラーゲンを分解さえる酵素の分泌量を増やす効果があるため、はりを失うことになります。

 

乾燥にも気を付ける

乾燥については、乾燥することによりバリア機能が低下し、紫外線等のダメージを受けやすくなります。

しっかり保湿することが大事です。

 

栄養の偏り

また、栄養が偏った食生活を続けたり、睡眠不足が続くこともたるみの原因となるため、予め認識しておくとよいかもしれません。

 

新陳代謝が悪くなることにより、肌のターンオーバーが乱れる可能性があります。

ターンオーバーによって細胞が入れ替わりが行われるため、スムーズに行われなくなると繊維成分の生成がスムーズに行われなくなります。

 

一度たるんでしまうと元に戻すのは難しい

一度たるんでしまうと元に戻すことが難しいためスキンケア等を改善し、たるみを予防しておくとよいかもしれません。

たるみを予防するには最適なスキンケア方法を実践する必要があり、保湿ケアをしっかりと行う必要があります。

 

とにかく乾燥は避ける

まずは、肌が乾燥しないように、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドの成分が含まれている化粧品を選ぶとよいです。

 

美容液は水分や美容成分が凝縮されているため積極的に使用するとよいですが、ビタミンC誘導体やレチノールの成分が含まれているタイプもチェックしてみるとよいかもしれません。

 

ビタミンC誘導体はたるみによる毛穴の目立ち等に効果があり、レチノールはエラスチンやコラーゲンの生成を促す働きがあると考えて間違いありません。

 

紫外線対策もしっかり行う

紫外線対策もしっかりと行う必要があります。

 

日焼け止めを塗るとよいですが、朝にお化粧を行う際に使用するだけ、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

皮脂の分泌や汗でメイクが崩れる時に、日焼け止めの効果も低下します。

 

メイク崩れを行う際には、日焼け止めを塗りなおすとよいかもしれません。

室内では必要ないと感じてしまうかもしれませんが、紫外線は窓を通過して差し込んでくるため、屋内でもこまめに紫外線対策を行うことが大切です。

 

夏だけではなく一年を通して使用すると予防になるはずです。

日焼け止めを選ぶ際は、SPFとPAの値をチェックするとよいかもしれません。

SPFは1から50までの数字が表示されており、数字が高いと紫外線B波を防ぐ効果があります。

PAは4段階の表示があり、フォープラスが一番防御する効果が高いとされています。

 

以上のやってはいけないポイントと、たるみを防ぐ方法を実践して年齢に負けない肌を作ってみてくださいね。

-30代のスキンケア基礎知識

Copyright© Be SkinCare , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.