自信のもてる肌のため

Be SkinCare

30代のスキンケア基礎知識 美白

シミの原因は紫外線だけじゃない!意外と知らないシミの原因4つ

投稿日:

秋になると「シミ」がどっと出てくる経験をしたことはありませんか?

やっぱり夏に紫外線を浴びすぎたせいだ・・・

と思うかもしれませんが、実は紫外線以外にもシミの原因があるんです。

シミのできる仕組みを知ることで、対策を考えましょう。

 

シミの元「メラニン」ってなんなの?

シミの元になる「メラニン」はもともとは、紫外線などの刺激から肌を守るための物質です。

紫外線を浴びたり、肌に刺激が加わると、肌深部のメラノサイトに「肌を守れ!」という信号が送られます。

そうすると「メラニン」が生み出され、そのメラニン色素が刺激から肌を守っているのです。

メラニンは約28日間の肌の新陳代謝(ターンオーバー)により、肌深部から肌表面に押し上げられ、最後には角質となって剥がれ落ちます。

しかし、加齢や睡眠不足、ストレスが加わると、肌のターンオーバーが滞ったり、刺激が強く継続的にメラニンが大量発生すると、肌の中に「メラニン」が蓄積。

これが「シミ」になるのです。

 

シミを作る原因4つ

それでは、シミができる原因を4つご紹介していきます。

 

1、紫外線

 

シミの主な原因はやっぱり紫外線です。

長年紫外線を浴び続けることで、肌が継続的にダメージを受けると、再生能力が低下しターンオーバーが乱れ、メラニンを排出する力が弱くなります。

海水浴やレジャーだけではなく、洗濯物干し、ごみ出しなどの少しの紫外線もお肌に蓄積されていき、シミの原因になります。

 

また、目からも日焼けするって知ってましたか?

目からの紫外線も、メラニンの生成を促してしまいシミの原因になります。

肌と違い、目は日焼け止めをつけることができないので、UVカットのサングラスをつけたり、飲む日焼け止めがおすすめです。

 

2、ストレス、たばこ、睡眠不足

ストレスや喫煙、睡眠不足は、体内に活性酸素を作り出します。

活性酸素はメラノサイトを刺激して、メラニンを過剰に生成しシミになります。

また、ビタミンやミネラル不足なと食生活の乱れも肌のターンオーバーに影響を及ぼします。

食生活や睡眠など、生活リズムを見直すことが重要です。

 

3、肌への刺激

乾燥やニキビなどの肌トラブルで、肌を掻いたり、こすったりすることで、肌への刺激となり、メラノサイトを活性化させます。

クレンジングや洗顔時、肌をゴシゴシと洗うことも厳禁です。

特に乾燥している季節は、肌のバリア機能が低下しているので少しの刺激でもシミの原因となることがあるので注意しましょう。

 

4、女性ホルモンの変化

生理前になると、シミがやけに目立つことありませんか?

生理前や妊娠中など、黄体ホルモンが増えると、メラニンを増加させ、シミができやすくなります。

生理前や妊娠中は紫外線ケアをいつもよりしっかり行いましょう。

 

まとめ

シミの1番の原因は紫外線です。

ですが紫外線だけでなく、生活習慣の乱れや肌への刺激、ホルモンバランスなどもシミの原因となります。

原因が多くて嫌になってしまうかもしれませんが、シミはできてしまってからでは、改善するのに時間もお金もかかります。

 

「シミは予防」が基本です。

まずは、やっぱりシミの1番の原因である紫外線ケアを見直してみてはいかがでしょうか?

「もうやってるよ!」という方も、目からの紫外線対策はしていますか?

だからと言って、1日中サングラスをかけているわけにもいきませんよね・・・

そんな方には「飲む日焼け止め」がおすすめです。

昨年あたりから、SNSや雑誌で話題となり、塗る日焼け止めと併用している女性も増えています。

塗るより、飲む方が簡単ですしね。

ぜひ今年の夏は「飲む日焼け止め」でシミを予防しましょう。

 

-30代のスキンケア基礎知識, 美白
-, ,

Copyright© Be SkinCare , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.