自信のもてる肌のため

Be SkinCare

30代のスキンケア基礎知識 エイジングケア シミ

意外と気になる唇のシミは消せるの?原因とシミを消す方法

投稿日:

唇にシミできていませんか?

メイクを落としたあと、ほほのシミや毛穴は気にしている方が多いですが、唇はなかなか観察しませんよね。

なので唇のシミに気が付くころには結構シミが目立っているなんてことも・・・

日焼け止めを顔にはしっかり塗っているのに、唇は意外と忘れがち。

UVリップでケアしていても、食べたり飲んだりすると落ちやすいので、意外と唇のシミで悩んでいる人って多いんですよね。

しかも年齢を重ねてくると、唇の発色自体も悪くなり、いつも口紅を塗っていないと顔色が悪く見られるなどのお悩みを抱えている方も多くいます。

唇は、デリケートなので使えるスキンケア製品も限られるし、自分で消すなんで無理でしょ・・・と諦めていませんか?

諦めてはいけません!

唇のシミはケア次第では消せる可能性もあります!

今回は、唇にシミができてしまう原因と、唇のシミを消す方法、予防方法まで一気にご紹介します。

 

唇にシミができてしまう原因

 

 

唇のシミの原因を知ることは、唇のシミを消す近道です。

原因を知らずにケアを始めると、効果がしっかりでなかったり、再発の可能性もあります。

まずはしっかり唇にシミができる原因を知るところから始めましょう。

 

1、日々の紫外線ダメージの蓄積

顔の日焼ばかり気にして、唇の日焼けを気にしない人は多いのではないでしょうか?

唇は、顔の他の部分に比べ、角質層が非常に薄く、皮脂腺がありません。

そのため、紫外線ダメージを受けやすく、日焼けしやすい場所なんです。

その変わり、唇のターンオーバーは3~5日と早く、通常紫外線ダメージを受けやすいのですが、回復も早いです。

しかし、唇のターンオーバーが乱れてくると、蓄積された紫外線ダメージが表面化し、シミを作ってしまいます。

シミを増やさないためには、まず紫外線対策が重要です。

参考:唇の日焼けのサイン
・ヒリヒリと赤くなる
・皮がめくれる
・乾燥
・水ぶくれ

 

2、口紅による色素沈着と油分

日焼けや乾燥でダメージを受けている唇に、口紅やグロスを塗ると色素沈着してしまう可能性があります。

また、口紅に含まれる油分が日光と反応し、日焼けを悪化させてしまっている可能性もあります。

日焼け対策のためにも、口紅をつけるときは、直接つけるのではなく、リップクリームでケアしてからつけるようにしましょう。

また、クレンジングの時は、専用のリムーバーなどを使用し、しっかり口紅をオフすることで色素沈着を予防しましょう。

そして、クレンジングの時や口周りをふくときは、唇をゴシゴシこすってはいけません。
炎症を起こしシミを作り出す原因となります。

唇もお肌です。
優しくお手入れしてあげましょう。

 

3、喫煙

タバコを吸うと、体内に活性酸素が発生します。この活性酸素を除去しようと、大量のビタミンCが消費されてしまいます。

ビタミンCには、ターンオーバーの正常化やできてしまったシミを薄くする働きがあります。

タバコを吸うことで、ビタミンCが大量に消費されると、ビタミンC不足になり、ターンオーバーが乱れ、唇にシミができやすくなります。

また、たばこに含まれるタール色素が皮膚に沈着し、唇がくすみやすくなります。

 

 

自分でできる唇のシミを消す方法

唇のシミやくすみを解消するには、ターンオーバーを正常化することが対セルです。

通常お肌のターンオーバーは、28日くらいですが、唇のターンオーバーは1週間程度。

きちんとケアすれば、比較的早くシミが薄くなる可能性があります。

1、リップパックで唇を保湿

乾燥は唇にとって大敵です。

唇を保湿することで、外部からのダメージを防ぐとともに、受けてしまったダメージからの修復を助けてくれます。

リップパックの方法

準備するもの
・保湿剤
※口に入っても安全なオイルやはちみつ
・蒸しタオル
・ラップ

リップパックのやり方

①蒸しタオルを唇に数分間のせ、唇を温める

②保湿剤を適量唇にのせる
このとき優しくマッサージをするとさらに効果がup

③5~10分間ラップで唇をパックし浸透させる
長時間やりすぎると、唇の刺激となることもあるので、10分以内にしましょう。

また毎日ではなく、週1~2回程度がおすすめです。

 

2、唇の血行を良くするマッサージ

唇をマッサージすると、血行が促進され、ターンオーバーが正常化し、シミを改善することができます。

リップクリームや専用のマッサージクリームなどで、唇の外側から内側にむかって、優しくマッサージしましょう。

おすすめはホホバオイルです。

ホホバオイルの利点は
・抗酸化作用が強くシミの抑制効果が高い
・ターンオーバーの促進効果がある
・肌バリア機能が高い

この3つです。

オイルの中でもホホバオイルは抗酸化作用が強く、油やけの心配もないので、唇のシミ対策にはもってこいのオイルです。

 

3、ビタミンCを積極的にとる

ビタミンCは肌の修復力を高めたり、新しい肌を作る助けになります。

日々の食事の中に意識してとりいれたり、サプリメントを活用しましょう。

参考:ビタミンCを多く含む食材
・レモン
・グレープフルーツ
・イチゴ
・キウイフルーツ
・トマト
・ブロッコリー

 

今すぐできる唇のシミ予防対策

まずは、自分でできるシミの予防方法をご紹介します。

シミが濃くなってしまう前に、しっかり予防をしましょう。

 

UVカット機能のついたリップクリームを使う

いつも使っているリップクリームには、UVカット機能がついていますか?

顔と同様、リップクリームにもUVカット機能が付いている商品があります。

口紅をつける前に使用することで、唇を紫外線から守ることができます。

ただし、リップクリームの塗りすぎは、唇の刺激になることもあるので注意が必要です。

リップクリームを塗るのは1日3~5回にしましょう。

口紅はしっかり落とす

口紅やグロスをしっかりおとさないと色素沈着を起こすことがあります。

口紅の色が落ちていても、口紅の成分は唇に残っている可能性があるので、クレンジングできちんと落としましょう。

唇の縦ジワを広げるように、縦ジワにそって指で優しくマッサージしながら落とすと良いでしょう。

また、唇が乾燥しやすい、荒れやすいという人は無添加の口紅を選ぶと唇の負担が軽くなります。

唇を乾燥から守る

お肌もそうですが、唇も乾燥すると、紫外線や摩擦などの刺激からのダメージを受けやすくなり、シミの原因になります。

唇が乾燥しやすい人は、「唇をなめる」「口呼吸」など日常の癖が原因かもしれません。

また、水分不足だと唇は乾燥しやすくなります。
こまめに水分補給をしましょう。

 

唇のシミの原因と対策まとめ

唇のシミの原因は、主に紫外線です。

まずは、UVカット機能をもつリップクリームを使用する習慣をつけましょう。

自分ではどうしようもできない頑固なシミは、レーザー治療でで消すこともできます。

まずは自分で唇をケアし、ダメな場合は病院に相談してみましょう。

ぜひ唇のシミの予防・改善対策を参考にちていただき、すっぴんでもシミやくすみのないプルプル唇を目指しましょう。

-30代のスキンケア基礎知識, エイジングケア, シミ

Copyright© Be SkinCare , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.