自信のもてる肌のため

Be SkinCare

30代のスキンケア基礎知識 乾燥肌 保湿

くしゃみ鼻水だけじゃない!花粉が引き起こす肌荒れとその対策

更新日:

春が近づき暖かくなってくると、嬉しい反面「花粉症」に悩まされる方も多いのではないでしょうか?

くしゃみ鼻水・目の痒みが花粉症の症状と思っていせんか?

実は、春になると花粉によって「肌トラブル」が起こりやすくなるんです。

花粉による肌トラブルは「花粉皮膚炎」と呼ばれています。

このサイトでは、花粉皮膚炎の症状と対策をご紹介します。

 

花粉による肌荒れ「花粉皮膚炎」とは?

花粉皮膚炎とは、肌に付着した花粉によりアレルギー反応を起こし、肌が炎症を起こしている状態のことです。

花粉の時期になると、顔がかゆい、赤くなる、肌がカサカサする・・・こんな症状が出てきます。

特にスギ花粉の飛散量が多い2月~4月に肌トラブルを訴える方が多いのが特徴です。

 

 

花粉皮膚炎の予防方法とは?

1、花粉を肌に付けない
2、肌のバリア機能を高める

花粉皮膚炎を予防するには主にこの2つが重要です。

では詳しく説明していきます。

 

1花粉を肌につけない

花粉皮膚炎は、肌に付着した花粉がアレルギー反応を起こすことで起こります。

なので、外出時はマスクや眼鏡をかけ、できるだけ肌を露出させないようにしましょう。

また、最近ではイオンの力で花粉をブロックしてくれる顔用のスプレーも発売されています。

帰宅時は、花粉を払ってから家に入るなどの対策も一緒に行い、できるだけ肌に花粉をつけないようにしましょう。

 

2、肌のバリア機能を高める

肌のバリア機能が低下すると、肌は外からの刺激を受けやすくなります。

花粉皮膚炎は、花粉が刺激となり引き起こされる症状なので、肌のバリア機能を高めることで、症状を緩和できます。

 

すぐできる花粉による肌荒れを防ぐ対策

 

花粉から肌をブロックすることが重要ですが、顔を覆って外出することは困難・・・

そこで重要なのが、肌のバリア機能の向上です。

そのために必要なことは、「肌の保湿」

ただでさえ、春は肌が乾燥しやすい季節です。

肌が乾燥すると、皮膚のバリア機能が低下し、あらゆる外からの刺激に弱くなります。

肌を保湿することで、肌のバリア機能を高めれば、花粉の肌への侵入を防ぐことができます。

 

まとめ

毎年、花粉症の季節はやってきます。

花粉から肌を守る&肌の保湿

この2つで、花粉皮膚炎を予防しましょう。

特にもともと乾燥肌の方は、しっかり保湿しないと、今はまだ平気でも、積み重なった花粉ダメージで、花粉皮膚炎になる可能性もあります。

しっかり保湿して花粉症シーズンを乗り切りましょう。

 

肌の内側からの保湿したい方はこちらもチェック↓↓

飲むスキンケア【オルビス ディフェンセラ】乾燥肌に効くのか試してみました

 

 

-30代のスキンケア基礎知識, 乾燥肌, 保湿
-, , ,

Copyright© Be SkinCare , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.