自信のもてる肌のため

Be SkinCare

30代のスキンケア基礎知識 エイジングケア

たるまないスキンケア!30代からのたるみ予防になるスキンケア方法!

投稿日:

年齢を重ねると肌が変化し、30代になるとたるみが出てきます。

 

加齢紫外線によるダメージ、乾燥生活習慣の乱れが原因と考えて間違いありません。

 

 

肌のはりや弾力は、

エラスチンやコラーゲン等によって作られています。

 

線維芽細胞により生み出されたエラスチンやコラーゲンが網状に組み合わさり、その間にヒアルロン酸等の成分が存在することにより、皮膚に弾力性が生まれます。

 

年齢を重ねると、線維芽細胞の産生力が低下し減少して肌の伸縮性が鈍くなり、はりや弾力が失われ、たるみの原因になると考えて間違いありません。

 

たるみたくないなら紫外線や乾燥に注意!

また、紫外線により活性酸素が体内でつくり出され、線維芽細胞にダメージを与えます。

 

エラスチンやコラーゲンを分解させる酵素の分泌量を増やす効果があるため、はりを失うことになります。

 

乾燥については、乾燥することによりバリア機能が低下し、紫外線等のダメージを受けやすくなります。

 

年齢を重ねた肌には偏った食事や睡眠不足も注意!

また、栄養が偏った食生活を続けたり、睡眠不足が続くこともたるみの原因となるため、予め認識しておくとよいかもしれません。

 

新陳代謝が悪くなることにより、肌のターンオーバーが乱れる可能性があります。

 

ターンオーバーによって細胞が入れ替わりが行われるため、スムーズに行われなくなると繊維成分の生成がスムーズに行われなくなります。

 

 

30代を過ぎたらたるみ予防を!

一度たるんでしまうと元に戻すことが難しいためスキンケア等を改善し、たるみを予防しておくとよいかもしれません。

 

たるみを予防するには最適なスキンケア方法を実践する必要があり、保湿ケアをしっかりと行う必要があります。

 

たるみ予防に肌の乾燥を防ぐこと!

まずは、肌が乾燥しないように、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドの成分が含まれている化粧品を選ぶとよいです。

 

美容液は水分や美容成分が凝縮されているため積極的に使用するとよいですが、ビタミンC誘導体やレチノールの成分が含まれているタイプもチェックしてみるとよいかもしれません。

 

ビタミンC誘導体はたるみによる毛穴の目立ち等に効果があり、レチノールはエラスチンやコラーゲンの生成を促す働きがあると考えて間違いありません。

 

紫外線対策でたるみ予防!

紫外線対策もしっかりと行う必要があります。

 

日焼け止めを塗るとよいですが、朝にお化粧を行う際に使用するだけ、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

皮脂の分泌や汗でメイクが崩れる時に、日焼け止めの効果も低下します。

 

メイク崩れを行う際には、日焼け止めを塗りなおすとよいかもしれません。

 

室内では必要ないと感じてしまうかもしれませんが、紫外線は窓を通過して差し込んでくるため、屋内でもこまめに紫外線対策を行うことが大切です。

 

夏だけではなく一年を通して使用すると予防になるはずです。

 

日焼け止めを選ぶ際は、SPFとPAの値をチェックするとよいかもしれません。

 

SPFは1から50までの数字が表示されており、数字が高いと紫外線B波を防ぐ効果があります。PAは4段階の表示があり、フォープラスが一番防御する効果が高いとされています。

 

たるんでしまったお肌を復活させる方法とは?

 

30代になると急に毛穴が目立って縦長に見えたり、全体的にたるんで老けた印象になることがあります。

 

このような変化が起こっている時に肌はどのような状態なのかというと、

 

コラーゲンをはじめとした潤い成分が現象してハリを維持できなくなっており、水分を抱え込む働くも弱まっています。

 

その影響で水分と油分のバランスが崩れて細胞の働きも鈍っていますのでターンオーバーにも支障が出てトラブルが発生しやすい状態です。

 

特に元々皮膚が薄くて水分を保持しにくい部分は注意が必要であり、目元や口周りなどは酷い乾燥に見舞われることがあります。

 

シワが目立ち始めるのもこういった理由からであり、若い頃のようなスキンケアを続けていても改善させることができません

 

30代になったらまずはしっかりと保湿から!

 

衰えが見え始めたら保湿を行うのが一番だとされていますが、これにはきちんとした理由があります。

 

たるみと保湿には非常に深い関係があり、仕組みを理解するためにはまずは肌の構造について学ばなければなりません。

 

肌は角質層と表皮と真皮の3層になっており、角質層は表皮の一番外側で水分を保つ働きを担っています。

 

角質層には保湿力が高いセラミドなどの角質細胞間脂質と天然保湿因子が含まれていて、十分な量が維持できていると細胞は瑞々しい状態になります。

 

しかし、年齢を重ねると共に減少していくものですので、30代になると乾燥しやすい状態です。

 

外的な変化に敏感になることも!

また、気温の変化や空気の乾燥などの外的要因による影響を受けやすいのも角質層であり、様々な負担によって水分不足になると表面の密度が低くなって剥がれ落ちやすくなります。

 

そうなると刺激に対抗するためのバリア機能が失われて更にトラブルが起こりやすくなるという悪循環に陥り、ターンオーバーの遅れも関係して年齢肌が作られます。

 

それを改善するには外側から保湿成分を取り入れることが重要であり、足りないものを補うようなスキンケアに切り替えなければなりません。

 

保湿ケアをしっかりと行うと角質層の水分不足が解消されますので、

 

肌細胞を瑞々しい状態に保てるようになってたるみを予防することができます。

 

たるんでくると老けて見える…

若い頃のように新陳代謝が活発に行われない状態で角質層の水分不足が起こるとたるみが酷くなって、見た目はずい分老けて見えます。

 

角質層の部分にトラブルが起こると奥の真皮の水分も不足することもたるみの原因であり、真皮にはハリを保つ働きをするコラーゲンやエラスチン、それらの間を敷き詰めるように存在するヒアルロン酸などが元々含まれています。

 

 

ヒアルロン酸の減少や変形がたるみの主な原因となりますが、残念ながら加齢によって減るものですのでスキンケアではヒアルロン酸を取り入れることも必須です。

 

角質層の水分不足によってダメージを受けている状態の時に紫外線を浴びると内部に入り込みやすくなり、紫外線が億の真皮にまで到達してヒアルロン酸を減少させてしまいますので、まずは角質層の強化を図ることが先決です。

-30代のスキンケア基礎知識, エイジングケア
-, , , ,

Copyright© Be SkinCare , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.